クリエイターの落とし穴、 クリエイターがクラウドファンディングで失敗しやすい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

クリエイターの落とし穴、 クリエイターがクラウドファンディングで失敗しやすい理由

YM Creators Pro 代表の 山本ショウ です。 クラウドファンディング では クリエイタープロジェクト を失敗してしまう場合、どんな理由が考えられるのか、その理由をまとめてみました。これから クラウドファンディング を行ってみようと考えている クリエイター の方はぜひ参考にしてみてください。


目次

1.プロジェクトの中身が伝わらない
2.プロジェクトがニーズに合っていない
3.リターンのバランスが合っていない
4.プロモーション活動を行っていない
5.まとめ

1.プロジェクトの中身が伝わらない

クラウドファンディング では プロジェクト の中身がしっかりと伝わらなくては、 支援者 を集めることは難しいです。そのためにも プロジェクト をしっかりと伝える必要がありますが、クリエイタの方が陥ってしまう失敗の一つに プロジェクト がつ伝わっていない、というものがあります。 理由としては、言葉足らずの プロジェクトページ になってしまってたり、コンセプトや目的、どんな人たちに求められているサービスなのか、そして、商品を利用しているイメージが湧かない プロジェクトページ になってしまっていることが多いです。 自分たちがわかる、伝わる内容ではなく、 支援者見込み になる人たちにしっかりと伝わる内容に プロジェクトページ を創りあげましょう。

2.プロジェクトがニーズに合っていない

そもそものプロジェクト のコンセプトがユーザーの 見込み に会っていなければ、 プロジェクト支援者 を集めることはできません。そのためには、 プロジェクト にあった クラウドファンディングサイト を選ぶ必要もありますし、 支援者見込み になる人たちのニーズを満たすものでなくては、 支援者 を集めることができません。 クリエイター が陥りやすい勘違いとして、「新しいサービスだからニーズがあるか分からない」、「魅力的なサービスを創ればニーズは後から付いてくる」といったものです。こういった勘違いに陥る前に 見込み のニーズをしっかりと満たすためにも事前に商品、サービスのプロトタイプができた状態で、 見込み の人たちにインタビューするようにしましょう。そうすることで、事前にユーザーの声が聞くことができるので是非積極的にインタビューを行ってみましょう

3.リターンのバランスが合っていない

クラウドファンディングプロジェクト 見ていると、とても魅力的な プロジェクト にもかかわらず、うまく資金調達ができていない プロジェクト があります。よくよく見ると リターン が高すぎたり、種類が多すぎて何を選べばいいのかわからない、そんな状況に陥ってしう プロジェクトページ が多いので、最適な リターン の数、価格に合わせて創ってみましょう。 リターン については以前まとめましたので、そちらを参考にしてみてください。

支援者が自然と集まる、魅力的なリターンとは?
プロジェクトを成功に導く、目標金額の設定の3つのコツ
支援者が、どんどん集まる魅力的なリターンにする4つの方法

4.プロモーション活動を行っていない

クリエイター の方とで陥りやすいことの1つに、 クラウドファンディングプロジェクト を立ち上げたら、あとは放置してしまうということも多いです。 勘違いしてはいけないのが、 クラウ ドファンディング は立ち上げたら勝手にお金が集まるわけではないということです。 プロモーション活動 を行わないと多くの人に プロジェクト を知ってもらうことはできません。より多くの人に プロジェクト を知ってもらうためにも プロモーション活動 はしっかりと行いましょう。

まとめ

実は、今回挙げた内容は全てマーケティングの要素になっています。 クリエイター の方は、あまりマーケティングについて詳しくないかもしれません。しかし、 プロジェクトサクセス させるためにも、多くの人に認知され、理解され、支援される。そんな流れを作るためにもより多くの人に理解されるような プロジェクトページ を創るように心がけましょう。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


Also published on Medium.

無料Ebook:ITエンジニアのための起業の教科書

YM Creators Proでは、ITエンジニアの企業支援を行っています。

ITエンジニアとして起業するにあたって、どうやって起業すればいいのか、 チーム運営をどうすればいいのか、不安に感じてることはありませんか? 本書では YM Creators Pro 代表の 山本ショウ が、ITエンジニアが起業するにあたり 知るべきことにフォーカスしEbookにまとめました。

・ITエンジニアが起業する前に知っておくべきこと

・事業発展モデルでビジネスを成功に導く方法

・成功するビジネスモデルの創り方


など、具体的な手法についてまとめています。 起業を考えている、これから起業しようとしているという方は、ぜひダウンロードしてご活用ください。



LINE@を登録してダウンロード

コメントを残す

*