クラファンペディア

目標金額の細分化 | クラファンペディア


目標金額の細分化 (もくひょうきんがくのさいぶんか)

目標金額の細分化 とは?

クラウドファンディング では、まず キャンペーン 開始前に 資金調達目標額 を設定するが、ただ目標金額を定めるのではなく スタートダッシュ ではそのうち何%を達成するか、 中だるみ 期間では何%達成するかなどをあらかじめ決めておくことでスケジュールとの予実管理ができる。これが 目標金額の細分化 である。
目標金額の細分化 を行うことで、仮に スタートダッシュ で目標達成しなかったとしても予実管理をしているので進捗率が把握でき、その後どのようにして挽回するのか追加の施策について具体的に計画することができる。もちろん 目標金額の細分化 に具体性を持たせるために、 企画書 を練る際に数字に根拠を持たせることも必要である。


目標金額の細分化 を使った検索キーワード例

目標金額の細分化 設定方法
目標金額の細分化 具体性

企画書 | クラファンペディア


企画書 (きかくしょ)

企画書 とは?

クラウドファンディング では、 クラウドファンディングサイト に登録する時や、 プロジェクトチーム 内で情報認識の差異が出ないように 企画書 を用いることが有効的である。 企画書 にまとめるべき内容は プロジェクト の概要、 リターン の詳細、 キャンペーン 開始後の戦略カレンダー、 プロジェクトページ の更新や facebook などのSNS更新の役割分担、 スタートダッシュ 及び ラストスパート の戦略、などをあらかじめ練っておくことで キャンペーン をスムーズに運営することができる。


企画書 を使った検索キーワード例

良質な企画書
最高の企画書

見込み | クラファンペディア


見込み (みこみ)

見込み とは?

見込み とは、商品やサービスを購入する可能性のある人(または企業)のことです。 見込み を明確に定義することで、どういったSNSを用いてどのようにして 支援者 を増やすのか コミュニケーションプランニング の戦略を立てることができる。また、見込み の定義をすることで 見込み が欲しいと思うような リターン を想定することができる。


見込み を使った検索キーワード例

見込み 定義
見込み 獲得方法

ストーリー | クラファンペディア


ストーリー (すとーりー)

ストーリー とは?

魅力的なサービス、プロダクトをより魅力的に 支援者 に伝えるために ストーリー は有効的です。 共感 を生むような ストーリー を作ることで 見込み に「この プロジェクト に支援したい!」と思わせることでき、支援活動を活発にすることができる。

なお、 ストーリー において重要なものは下記の4項目と言われている。

●競争優位(Competitive Advantage) →「結」:利益創出の最終的な論理、「どんなベネフィットを提供するのか」
●コンセプト(Concept) →「起」:本質的な顧客価値の定義、「なぜやろうと思ったのか」
●構成要素(Components) →「承」:競合他社との「違い」、「なせこれが顧客価値になるのか」
●クリティカル・コア(Critical Core) →「転」:商品、サービスの構築、「どういったサービスなのか」

この4項目をストーリーを用いて一貫性のある話に昇華させることにより、 共感 を生み出しやすい ストーリー になる。


ストーリー を使った検索キーワード例

ストーリー 戦略
ストーリー 戦略 考え方

ミッション | クラファンペディア


ミッション (みっしょん)

ミッション とは?

ミッション とは、企業の存在意義や果たすべき使命を普遍的な形にした企業の価値観を表したものです。 ミッション を明確にすることで、社内やステークホルダーと共通の未来を目指すことを目的にして ミッション を定めている企業が増えてきています。 クラウドファンディング では、 プロジェクトチーム 内だけでなく 支援者 と共有することで 共感 を生んだりすることができます。また、 5W2H1M やキャッチコピーにも 共感 を生むために利用することでより 共感 を生み出しやすい プロジェクト になります。


ミッション を使った検索キーワード例

ミッション 事例
ミッション 事例 作り方