Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/foundplanner/www/foundplanner/wp-content/plugins/wp-markdown/markdownify/markdownify.php on line 299
クラウドファンディングとは? | クラファンペディア – クラウドファンディングカンファレンス

クラウドファンディングとは? | クラファンペディア


クラウドファンディング (くらうどふぁんでぃんぐ)

クラウドファンディング とは?

クラウドファンディング とは、群衆(Crowd)と資金調達(Funding)を組み合わせた造語(Crowdfunding)です。プロジェクトオーナー が提案する、 プロジェクト に不特定多数の人へプレゼンテーションを行う事で賛同者( 支援者 )を募り、資金調達や組織協力などを行う仕組みのことを言います。 人同士のつながりや集合知を利用しているため「 ソーシャルファンディング 」とも呼ばれたりしています。 クラウドファンディング の運営会社がインターネット上で プロジェクトオーナー と支援者をマッチンングさせるサイトを、 クラウドファンディングプラットフォームクラウドファンディングサイト などと呼ぶ。


クラウドファンディング の種類について

クラウドファンディング は大きく分けて下記の4種類に分類されます。

  1. 購入型 : 金銭以外の リターン があるタイプ(作品やイベント招待、プロダクトの先行購入権など)
  2. 寄付型 : リターン を一切求めないタイプ( 支援者 に対する見返りがない)
  3. 投資型 : 金銭的 リターン を想定するタイプ( エンジェル投資 のように事業が成功した場合、金銭的な見返りがある)
  4. 貸付型 : 人や企業に対して、お金を貸付けるタイプ(「 ソーシャルレンディング 」とも呼ばれ、世界的に主流の クラウドファンディング )

クラウドファンディング を使った検索キーワード例

クラウドファンディング 事例 クラウドファンディング 最高金額


クラウドファンディング の例

例えば、ある プロジェクトオーナー が日本文化のを世界に広めるために日本の伝統工芸を輸出するための プロジェクト を行うとします。 その場合、 クラウドファンディングプラットフォームプロジェクト を立ち上げます。

プロジェクトを立ち上げるために、

なぜそのプロジェクトがやりたいのか
どういうものを輸出したいのか
どのようにして広めていくのか
資金はいくら必要なのか

といった プロジェクト の詳細や出資金に応じた何らかの リターン がある場合は、その出資額と リターン の詳細を決めて クラウドファンディングプラットフォーム に掲載します。その掲載した情報をもとに、ユーザーは 出資 するかどうかを決めます。 そして、決められた期間の中で集まった資金を元手には プロジェクト を開始します。その際 プロジェクトオーナー は、 クラウドファンディングプラットフォーム 運営会社に、集まった金額の10〜20%を 成功報酬 として支払います。


クラウドファンディング のメリット

クラウドファンディング のメリットは、プロジェクトオーナー支援者 双方にあります。

プロジェクトオーナー のメリット

製品やサービスのアイデア、制作をするスキルなどがあるクリエイターや起業家が資金や元手がなかったとしても、クラウドファンディングを用いることで資金調達ができるという点、プロジェクトの支援状況によりそのサービスや製品がユーザーにとって魅力的かどうか判断できるためマーケティングのメリットがあります。

支援者 のメリット

プロジェクト 支援者 のメリットとしては、新しいサービスや製品に少額で出資できる点や、気軽にNPOや社会的意義のある プロジェクト の支援ができるという点が異なります。


クラウドファンディング のデメリット

メリット同様、 クラウドファンディング のデメリットは、プロジェクトオーナー支援者 双方にあります。

プロジェクトオーナー のデメリット

クラウドファンディングプラットフォーム では、資金調達の方法として、 All or Nothing というものが一般的です。これは、クラウドファンディングプロジェクト を立ち上げた際に設定する、 資金調達目標額 に100%達成しなかった場合資金調達失敗 となり資金調達ができないというデメリットがあります。 つまり限られた期間の中で、より魅力的な プロジェクト であることを出資者にアピールする必要があります。

支援者 のデメリット

支援者 のデメリットとしては、3つあります。 まず一つ目は、 プロジェクト 遂行のリスクです。

たとえば、購入型クラウドファンディング の場合、何かを製作するために資金調達したが実際に計画通りに物が作れない。 投資型クラウドファンディング の場合、出資をしたが リターン であるお金が返ってこない。 こういった 出資者 が期待した リターン 通りの活動を プロジェクト が遂行できないというケースは当然考えられます。

二つ目のデメリットは、 出資金 の流動性です。 一度種子した プロジェクト に対して、投資商品のように簡単に売買したり、換金することはできません。

三つ目のデメリットは、 クラウドファンディングプラットフォーム 運営会社のリスクです。クラウドファンディング は、成長の見込めるビジネスなので多くの企業が参入しているため、認知度の低い クラウドファンディングプラットフォーム や特徴の弱い クラウドファンディングプラットフォーム は淘汰される可能性があります。 クラウドファンディングプラットフォーム は、 プロジェクトオーナー出資者 を結ぶ大事な役割を担っていますが、運営会社がサービスを停止する可能性はゼロではありません。 その場合、出資した プロジェクト はどういう扱いになるのか、などしっかりと見極める必要もあります。


クラウドファンディングの市場規模について

世界銀行のレポート よると、2025年までにグローバルでのクラウドファンディング市場が900億ドル(10兆8,000億円)から960億ドル(11兆5,200億円)になるほどのポテンシャルを秘めていると発表しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

foundplanner

Trackbacks & Pings

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です