クラファンペディア

コピーライティング | クラファンペディア


コピーライティング (こぴーらいてぃんぐ)

コピーライティング とは?

コピーライティング とは、売りたい商品サービスの魅力を引き出し一目で商品の売りを伝えることである。 クラウドファンディング では facebookTwitter などのSNSで プロジェクト が拡散された際に「一言でその プロジェクト の売りを伝える」 役割を果たすのが キャッチコピーである。キャチッコピーを誰にでも伝わるカタチで作るために 5W2H1M を明確すれば、より分かりやすいキャッチコピー を作ることができる。


コピーライティング を使った検索キーワード例

コピーライティング 書き方
コピーライティング 基礎

動画 | クラファンペディア


動画 (どうが)

動画 とは?

クラウドファンディングプロジェクトページ では、youtubeなどを用いて動画を載せることが可能である。世界最大の クラウドファンディングサイト Kickstarter では、 動画 の掲載の有無により資金調達の金額に影響が出てくるといいます。実際に kickstarter では資金調達に成功している プロジェクト のほとんどが 動画 を掲載しており、 動画 のない プロジェクト に比べ平均で114%多く資金調達に成功しているというデータが出ているとのこと。しっかりと作りこまれている 動画 動画は プロジェクト の実効性と信頼性を高めることができ、また 共感 を生むための ストーリー が文章より 動画 の方がイメージしやすいため 支援者 伝わりやすい。


動画 を使った検索キーワード例

クラウドファンディング 動画
クラウドファンディング 動画 製作

コミュニケーション | クラファンペディア


コミュニケーション (こみゅにけーしょん)

コミュニケーション とは?

クラウドファンディング において、 サクセス する プロジェクトコミュニケーション に力を入れているという共通点があります。 支援者 を巻き込み出資している プロジェクト を「自分ごと」にしてもらい、 支援者 が積極的に プロジェクト の拡散に関わってもらうためです。 支援者 を巻き込むためには facebookTwitterプロジェクトページ などで積極的に コミュニケーション をとることで 支援者 をより濃いファンに育成し、告知、宣伝活動に巻き込むことができます。


コミュニケーション を使った検索キーワード例

クラウドファンディング コミュニケーション
クラウドファンディング コミュニケーション 事例

共創 | クラファンペディア


共創 (きょうそう)

共創 とは?

共創 とは、企業が提供する商品やサービスなどを、消費者(顧客)と“共に創る”仕組みのこと。 ユーザーインサイトをもとに、ユーザーのニーズを把握することで、より価値ある商品作りを行うマーケティング手法のためよりニーズに応えた商品作りが可能となる。 クラウドファンディング において プロジェクトページTwitterfacebook といったSNSなどで 支援者 から改善点やニーズなどを聞くことで、本来であれば商品販売後でないとできないユーザーニーズの把握を商品発売前にできるので、有効な ニーズ調査 としても利用できる。


共創 を使った検索キーワード例

共創 クラウドファンディング
共創 クラウドファンディング 事例

報告 | クラファンペディア


報告 (ほうこく)

報告 とは?

クラウドファンディング において プロジェクトサクセス した場合でもプロジェクト進捗状況についての 報告 義務はありません。しかし、 クラウドファンディング志金 を募っているということ 支援者プロジェクト共感 している「ファン」であるため、プロダクトやサービスを利用した際にSNSなどで紹介してくれる可能性が高いです。そのため多くの プロジェクトオーナープロジェクトページfacebookTwitterブログクラウドファンディングサイト が運営するブログなどで活動の進捗 報告 を行い 支援者 との関係性を維持することに努めています。


報告 を使った検索キーワード例

クラウドファンディング プロジェクト 報告
クラウドファンディング プロジェクト 報告書