クラファンがクリエイターには、最高の戦場である3つの理由

クラファンがクリエイターには、最高の戦場である3つの理由

YM Creators Pro 代表の 山本ショウ です。 クラウドファンディング を利用することは クリエイター にとって、ビジネスやプロダクトを創ることに関し非常に相性が良く、今後利用する クリエイター も増加していくのではないでしょうか。今回はなぜ クリエイター にとって クラウドファンディング が最高の戦場なのかを解説したいと思います。


目次

1.在庫を創らずニーズ調査ができる
2.クリエイターとして新しいことにチャレンジができる
3.何度も挑戦できる
4.まとめ

1.在庫を創らずニーズ調査ができる

クリエイタークラウドファンディング を使うメリットとして、 クリエイター が在庫を持たずにビジネスの見込み客を集めることができることが挙げられます。プロトタイプを作成して、そのプロトタイプをもとに プロジェクト を立ち上げることで、ビジネスを始める前に在庫を創らず プロジェクト を立ち上げることができます。 そして、 資金調達目標額 を達成した プロジェクト のみが市場があるとの判断することもできるため、在庫を持たずにニーズ調査ができるというのはリスクを最大限抑えることができているため、 クリエイター にはとても魅力的なものです。

しかし、プロトタイプで クラウドファンディングプロジェクト が開始できるからといって、実際にリリースする商品がプロトタイプと大幅に異なってしまうと 支援者 の求めているものがトラブルのもとになりますので、実現可能なレベルのプロトタイプを創りあげましょう。

 

2. クリエイターとしての新しいことにチャレンジができる

クラウドファンディング は、新しい技術、新しいコンセプトや仕組みなども新しいものが好まれるため、常に新しいことにチャレンジをしたい クリエイター であれば、 クラウドファンディング で資金調達で 成立 しやすい プロジェクト も立ち上げることができるかもしもしれません。 また新しい技術、コンセプトのサービスは、目的や得られるベネフィットを明確にすることにより 支援者 から 共感 を生むことでき支援を集めることができます。

3.何度も挑戦できる

クラウドファンディング は一度だけでなく、何度も挑戦することができます。例えば、一度資金調達に失敗した プロジェクト でもブラッシュアッp空いて資金調達を目指すことも可能ですし、新しい プロジェクト を立ち上げ続けることもできます。ソニーでは一度に限らず、様々なコンセプトの新しいサービスを何度も立ち上げており、ほとんどの プロジェクト で資金調達に成功しています。同じようにクリエイタがー新しいアイデアを形にするたびに クラウドファンディング で資金調達を目指せるため、在庫を持たず小資本でしかもリスクを抑えた形で新しいビジネスに挑戦をすることができます。

まとめ

クリエイター にとって クラウドファンディング は自分のアイデアやサービスを形にする上で新しい可能性を示してくれました。 クリエイター が創り出したアイデア、サービスやプロダクトで資金調達を目指すことができるだけでなく、頭の中にあるアイデアをその都度 プロジェクト として立ち上げることができるので、ぜひ積極的にチャレンジしてみましょう。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

foundplanner

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です