ITエンジニアが起業する際に必要なパートナーとは

ITエンジニアが起業する際に必要なパートナーとは

YM Creators Pro 代表の 山本ショウ です。 ITエンジニア の方が起業するにあたって、どんな人たちと一緒にするかによって得られる結果も異なってきます。よくあるのが ITエンジニア だけで起業を目指す時に ITエンジニア だけで行う例ですが、 ITエンジニア だけで起業をすると営業能力が欠けていたり、マネジメントがうまくいかず起業を失敗してしまうという場合もあります。 ITエンジニア が起業する際に、いったいどんなパートナーが必要なのかについて今回まとめましたのでぜひご参考にしていただければと思います。


目次

1.デザイナー
2.パブリシスト
3.セールス
4.経理
5.マネジメント能力のある人
6.まとめ

1.デザイナー

もっとも注目すべき仕事の一つとしてデザイナーが挙げられます。デザイナーの仕事が ITエンジニア の創りあげたビジネスをより多くの人に広めることができます。ウェブサイト創るときにも、サービスの紹介ページやリーフレットなどを創る場合にも当然役に立ちます。外注でも構いませんが、デザイン力のある、信用性の高いデザイナーを身近に置くようにしましょう。表現力のあるデザイナーがいれば、言葉などで説明しづらいサービスなどでも分かりやすく表現してくれることもできます。デザイナーまたはデザイン能力のある方をぜひパートナーとして迎えましょう。

2.パブリシスト

パブリシストとは、広報のことです。 パブリシストの主な仕事は、プレスリリースやメディアの管理、メディアにサービスを紹介してもらうためのすべての活動を行うことです。つまり、自社のサービスを有名することを目的にした仕事です。場合によってはクライアントにインタビューを行い、そのインタビュー内容を発信することもパブリシストの仕事です。SNSを用いたり影響力のある人に発信を依頼することにより、より多くの人にサービスを広め、届けることができます。人や商品・サービスを魅せる、広める、届ける、これこそがパブリシストの使命なのです。

3.セールス

ITエンジニア の中には、セールスを得意としている方もいらっしゃいますが、多くの ITエンジニア は営業未経験かと思います。そのため営業方法について、どのようにして契約をすればいいのか、その後のフローなどで過不足が出てくるかもしれません。また、クロージングを苦手にしている ITエンジニア も多いのではないでしょうか。自分が苦手としていることはパートナーに任せ、自分の得意としていることに集中出来る環境を創るようにしましょう。

4.経理

税理士外注するのでもいいですが、経理のように専門知識が必要な業務は、自分で専門知識を覚えるのではなく、外注するようにしましょう。日々の経理計算は実は大変時間のかかる仕事の一つでもあります。税理士であれば、月3万円ほどで依頼ができるので、ぜひ活用し、時間を創るようにしましょう。

5.マネジメント能力のある人

ITエンジニア の方が、マネジメント経験がない場合に限りますが、もしマネジメント経験がないのであれば、マネジメント経験のある人をパートナーに迎え入れましょう。もし難しければ、メンターのような存在を雇うことでまかなうこともできます。なぜ、マネジメントを得意としている人を組み入れるべきかというと、スタートアップの段階は、やるべきことがあまりにも多いのでやることの整理、チームの管理運営が非常に大事なキモになってきます。そこで、マネジメントを得意としていない人がチーム運営をしてしまうと、目標、目標からの戦術、戦略づくりがうまく機能しないためです。マネジメント能力のある人をしっかりと迎え入れるか、メンターとなる人を雇い人の動かし方をしっかりと学ぶようにしましょう。

まとめ

Appleは起業当初、天才的なアイデアを出す、スティーブ・ジョブズのパートナーとして、エンジニアとして天才的なウォズニアックがそのアイデアを形にしていました。同じように、 ITエンジニア やエンジニアだけ起業しようとするとマネジメントやマーケティング、セールスが疎かになってしまいます。しかし、適切なビジネスパートナーを迎え入れることでスタートアップをしっかりと進めることができますので、ぜひ信用できるビジネスパートナーを迎え入れて、ビジネスを加速させるようにしましょう。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

foundplanner

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です