ジョイントベンチャーアイデア Vol.30 レンタル施術室

ジョイントベンチャーアイデア集

病院で使われていないものを有効活用しよう!地方の専門病院でレンタル施術室を!

田舎の医師不足が非常に深刻だという話をよく聞きます。中には使われていない病院や病棟、病室があったりするそうですね。

せっかく持っていても使わないともったいないのでどうやって有効活用すればいいのか今回は面白いアイデアを考えてみました。

●地方の専門病院でレンタル施術室を!

地方の病院で、もし、医師不足、看護師不足のために病室が空いていたら、接骨・柔道整復、整体、カイロプラクティック、リフレクソロジー、クイックマッサージなどを開業されている方に「レンタル施術室」として、お貸しします。

レンタルの方法は、例えば月1回1日の施術で6ヶ月の契約。特別な診療機器を必要とせず、診療ベッドがあればできる施術を行う業態にのみ貸し出しを行います。
院内の患者さんだけでなく自身顧客を呼んだりチラシを配ることも可能です。

いわゆる、出張施術のイメージです。

このジョイントベンチャーのメリットは病院の使っていない施設を貸し出すことが出来るので、固定費の削減に繋がります。また、レンタル施術室を契約する人は、自分で店舗を持たずに開業、起業出来ると言う点です。

また、なによりもどちらも身体に病気やコリなど何らかの課題を抱えているので、双方の見込み客が集まるという事です。人によってはどちらも通院するかもしれません。お互いの見込み客を上手く活用する。そんなジョイントベンチャーも売上につなげる為の一つの手段です。

JVの企画ポイント:使っていないものを有効に活用

対象業種:地方の総合病院、眼科、歯科、外科などの専門病院、接骨・柔道整復、整体、カイロプラクティック、リフレクソロジー、クイックマッサージ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

foundplanner

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です