ジョイントベンチャーアイデア Vol.31 病院が提供する民泊施設

ジョイントベンチャーアイデア集

入院患者の家族に少しでも安心感を!病院が提供する民泊施設

大きな病院の周りには決してホテルが多くありません。入院患者の家族が近く安く泊まれる場所を探している、そんなこともあるのではないでしょうか。

親の介護で定期的に泊まる必要がある、家族が手術で不安だから近くに泊まってそばにいたい。そんな願いもあると思います。

今はネットで名医を探し、遠方でも診てもらうことも少なくありません。しかし、宿泊先は病院から遠かったり、家族としては色々と大変な事もあると思います。

そこで、こんなアイデアを考えてみました。

● 病院が提供する民泊施設

病院の周辺に「民泊」を増やす支援をします。
(1)空いている部屋を「民泊」で活用してもらう

(2)空き家を「民泊」できるようにする

(3)空き店舗を「民泊」に活用する

オーナーは個人でも、事業で行っているひとでもどちらでも構いません。
病院の支援で借りた民泊施設は、手術の多い時期は基本的に病院が優先的に借りることが出来ます。

入院患者関係者が使う場合は割引額が適用されます。部屋あいている場合は、診察までの長い待ち時間の間、休憩に使う事も可能です。入院患者関係が利用する場合のみ、長期利用が可能にするなど、差別化を図ることで、観光ではなく入院患者のための民泊施設を打ち出します。

病院としては気軽に借りられる施設を用意できます。民泊を提供する側は、長期利用なども見込めるため安定した売上を見込むことが出来ます。家族の入院という心身共に疲労がたまってしまうので、その家族を少しでもサポートするためにこういったサービスはまさに人の役に立つジョイントベンチャーなのではないでしょうか。

JVの企画ポイント:日常の困ったを解決しよう

対象業種:病院、ホテル業、民泊業、不動産屋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

foundplanner

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です