クラウドファンディングで必要な人材とは

クラウドファンディングで必要な人材とは

YM Creators Pro 代表の 山本ショウ です。 クラウドファンディング を一人ですべてこなすには、それなりに高い能力が求められるので、一人で プロジェクト を開始するのではなく、 プロジェクトチーム を作ってから着手することが多いです。実際にどんな プロジェクト を行うかによって必要な人材は変わると思いますが、どんな プロジェクト でも必要になるであろう人材をまとめてみました。 クラウドファンディング はやるべきことが多いので、一人ではクオリティの高い プロジェクト を行うことは難しいので、ぜひ必要な人材を巻き込んで、 プロジェクト 成功に近づけるようにしてみてください。


目次

1.デザイナー
2.ITエンジニア
3.カメラマン
4.コピーライター
5.まとめ

1.デザイナー

プロジェクトページ は、誰にでも創れるようにでいていますが、差し込む画像のクオリティ、商品の魅せかたなどの持つ印象によって、 支援者 を持つイメージも異なってきます。 そのため、より多くの 支援者 を集めるためにも、メイン画像、差し込み画像そして、ウェブサイトなども見栄えが良くなるような見せ方ができるようにデザイナーを巻き込んでいきましょう。

2.ITエンジニア

プロジェクトページ と並行して、 ランディングページ または、 facebook 、Wordpressなどでウェブサイトを創ることで、より多くの人に プロジェクト を知ってもらうための機会を作ることができます。 プロジェクト をより多くの人に知ってもらうためにも、《露出を増やすための”場”》を複数創るようにしましょう。

3.カメラマン

デザイナーのところでもお話ししましたが、より多くの人に プロジェクト へいい印象を持ってもらうためにも、差し込み画像の印象は重要です。 ランディングページ の鉄則でもあるのですが、ファーストビューで目に留めてもらうことができなければ、続きを読んでもらうことはできません。それほどまでにファーストビューは大切なのです。そして、 プロジェクトページ も同じようにファーストビューが大切ですので、ちゃんとカメラマンに撮影してらうことをオススメします。 正確にはカメラマン、とビデオカメラマンは違いますが、素人よりも構図や光の当て方などの詳しいので、 プロジェクトチーム で撮る写真やサービス、商品の撮影の時には是非協力してもらうようにしましょう。  

4.コピーライター

コピーライターはキャッチコピーを創るだけではありません。全体の文章構成やより魅力的な文章で表現をしてくれるため、 プロジェクト 自体が魅力的に見えるようになります。もちろん プロジェクトタイトル もコピーライターと一緒に考えましょう。 USPUVP も一緒に考えることでよりより、 プロジェクトタイトル を創ることができます。

まとめ

クラウドファンディング を一人ですべてを行おうとすると完成度の低いものになってしまいます。 プロジェクトチーム を創り、何度も議論を重ねてより良い、 プロジェクトタイトル 、キャッチコピー、メインイメージ、 プロジェクトページ を創るようにしましょう。 今回挙げた、デザイナー、 ITエンジニア 、カメラマン、コピーライターは必ずしも専門家でなくても構いません。周りでこういったことを得意としている人、趣味でやっている人たちでも構いませんので一人でやるのではなく多くの人を巻き込んで、是非 クラウドファンディング を楽しんでください。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

foundplanner

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です