Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/foundplanner/www/foundplanner/wp-content/plugins/wp-markdown/markdownify/markdownify.php on line 299
クラウドファンディングで起業するメリットとは? – クラウドファンディングカンファレンス

クラウドファンディングで起業するメリットとは?

crowdfunding-merit-img

YM Creators Pro 代表の 山本ショウ です。多額の資金を必要とする起業の場合、資金調達を行う必要がありうると思います。資金調達にも幾つか手段があります。例えば、銀行からの融資、ベンチャーキャピタルからの出資、助成金など様々な手段があります。もちろんその選択肢の中には、 クラウドファンディング という選択肢もあります。では、銀行、ベンチャーキャピタルからの融資や助成金ではなく、 クラウドファンディング を選ぶメリットとは一体どういったものが考えられるのか クラウドファンディング のメリットについてまとめてみました。


目次

1. ニーズのキャッチアップができる
2. クラウドファンディングで資金調達をする事で話題性を確保できる
3. プロジェクトの初期段階からファンを獲得出来る
4. 裏付けされた実績を作ることができる
5. リスクが少ない
6.まとめ

1.ニーズのキャッチアップができる

プロジェクトオーナー が「このサービスやプロダクトは世の中にニーズがある!」と思っていても、実際はニーズがない場合もあります。それを見極めることができるのが出資の有無です。 通常、銀行やベンチャーキャピタルではこのサービスやプロダクトでどれほどの利益が出るか、スケールすることができるかということが出資判断のメインになります。しかし、 クラウドファンディング であれば、見込み客がそのサービスやプロダクトが欲しいか欲しくないかが出資の判断となるので、サービスやプロダクトにニーズがあるかどうかがわかります。また プロジェクトページ 内にある、 コミュニケーション ページなどを使えばユーザーとと直接、要望や改善ののキャッチアップができるため、サービスや/プロダクトをリリースする前に マーケットニーズ を反映させたサービスやプロダクトにすることができます。

2.クラウドファンディングで資金調達をする事で話題性を確保できる

クラウドファンディング では、資金調達を達成することだけでなく募集開始の際から プレスリリースtwitterfacebook で話題になるので、資金調達前から話題性を獲得でき、通常のサービスやプロダクトのリリース前から話題性を獲得することができます。それだけでなく、 自社サイトのSEO対策にも関わってくるため、通常のサービスリリースよりも クラウドファンディング であれば、より話題性を確保することができます。

3.プロジェクトの初期段階からファンを獲得出来る

クラウドファンディング の出資者はいわば プロジェクト のファンと言うべき存在です。中には プロジェクト に共感して、 プロジェクト を広める活動も協力してくれるだけでなく、 プロジェクト 成立 後も積極的に関わってくれます。事業を始める前からこういったファンを獲得できるのは クラウドファンディング ならではのものです。ファンを獲得することで、サービスやプロダクトの ニーズ調査 も行いやすくなります。ファンの獲得は、出資同等もしくはそれ以上の価値があるので、獲得できたファンはしっかり大事に育てていきましょう。

4.裏付けされた実績を作ることができる

前述の通り、クラウドファンディング で資金調達を 成立 させることで、そのサービスやプロダクトにニーズがあるということがわかるだけでなく、マーケティングに成功して資金調達を成功させているという点で実績が作れるので注目度が他の新規サービスと異なります。 クラウドファンディング 成立を全面に出すことである種のブランディングができます。通常新規サービスやプロダクトは実績がないため、購入にあたり「このサービス/プロダクトは信用できるのかな?」という不安感を消費者に与えてしまい購入の決断を妨げる場合があります。しかしその妨げをうまく回避し不安感を払拭することができるが実績なので、この実績を有効に使えるものとなっています。

5.リスクが少ない

銀行の融資は返済義務があるため会計上は負債の扱いになります。また、ベンチャーキャピタルから出資を受けるということは上場を目的とすることが前提となります。より早く上場を実現させるために、ベンチャーキャピタルは様々な経営アドバイスを行います。経営アドバイスをもらうということは経営の自由度が下がり、自分の会社ではなく、株主のための会社になることを意味します。場合によっては株主総会で取締役会を解任されるというリスクもあります。それだけでなく、上場準備が必要になり大きなコストとなります。上場準備には、監査法人や書類整備など営業外でかかる費用も大きく、このコストを上場条件を満たすまで負担し続けることが必要となります。

まとめ

資金調達というものにはメリット、デメリットの双方があります。 今回は クラウドファンディング のメリットにフォーカスしてまとめてみました。 クラウドファンディング ならではのメリットを駆使することで、資金調達後の活動もスムーズに行うことができる場合もあります。しかし、 クラウドファンディング のデメリットが活動を阻害する可能性もあります。 資金調達を行う際にはしっかりとメリットデメリットを理解した上で、どういった手段があるかを考えてみましょう。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

foundplanner

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です