Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/foundplanner/www/foundplanner/wp-content/plugins/wp-markdown/markdownify/markdownify.php on line 299
クラウドファンディングを成功させるためにすべき5つの準備 – クラウドファンディングカンファレンス

クラウドファンディングを成功させるためにすべき5つの準備

スタートダッシュしてクラウドファンディングを成功させるためにすべき5つの準備

YM Creators Pro 代表の 山本ショウ です。 クラウドファンディング を始める場合、誰もが成功を資金調達の達成を目標としているはずです。 成立 している プロジェクト を研究してみますと、成功する プロジェクト トの プロジェクトオーナー は事前準備をしっかりとしているケースが多いです。

今回は事前準備を行っている クラウドファンディング 成功者が何をやっているのかをまとめてみました。

1.1ヶ月前からの準備を怠らない。

クラウドファンディングで成功するための15のチェック項目でご紹介しました通り、資金調達に成功するプロジェクトの多くは、一ヶ月前から自分のブログやウェブサイト、またはソーシャルメディアから情報を公開を行っています。 情報公開だけでなく、 リターン の準備、支援者を引き付けるための プロジェクト ストーリー そしてその動画もしっかりと作成しているケースが多いです。 当然ですが、 プロジェクト 成功のために必要なPRには最も力を入れているようです。

2.オンラインを最大限活用する。

プロジェクト 開始までに事前準備としてオンラインを最大限活用している方も多いです。 例えば、無料の プレスリリース 発信やSNSなどの活用、活動の開示などを行うことで、少しずつ周りに認知されてる活動をすることも必要です。 プロジェクトが開始したらプロジェクト内で行動の開示ができるように、あらかじめどういうことを開示していくのかなどを決めておきましょう。 それ以外に、 メーリングリスト など作成して、知り合い一人一人に刺さるような個別のメッセージを送ることも効果的です。 また、 インフルエンサー (影響力のある人)のお力を拝借するのも一つの方法です。

3.オフライン「も」最大限活用する。

成功しているプロジェクトは、オンラインだけでなく、オフライン(リアルの関係)もうまく活用している例が多いです。 IndiegogoのCEOスラヴァ・ルービン氏が公園で下記のようなことを述べています。 「まず、少なくとも金額の1/3は【自分のネットワークを通じて】自力で集める必要があります。次の1/3はネットワークの友達を通じて集まることが多い。そして、最後の1/3をIndiegogoで見つけることが平均的です。」 つまり、1/3は プロジェクトオーナー ご自身で集める必要があるということです。 この数字はIndiegogoの過去数年分のデータより算出された数字なのですが、 クラウドファンディング 全般に当てはまることが多いそうです。成功している プロジェクト は30%以上は自分の直接の知人から集めているということを忘れずに、オフライン(リアル)のつながりを活用してみましょう。

4.目標金額の細分化する。

例えばですが、 プロジェクト トの目標金額が150万円、募集期間は30日だったとします。 その場合、10日あたり集めなくてはいけない金額は500,000円1日あたりで計算しますと、最低でも50,000円の出資金額を集めなる必要があります。 目標を細分化して、目標に届いていない場合どのような施策を行い、挽回するかをあらかじめて決めておくといいでしょう。 プロジェクト 期間中は資金集めのために注力することになると思いますので、あらかじめ目標に到達してない場合どういった施策を行うかを決めておくと動きやすいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 クラウドファンディングで多くの企業が成功を収めていますが、資金調達に失敗している企業があるのも事実です。 少しでも 成立 に近づけるように クラウドファンディング での資金調達に成功している企業がやっていることをモデリングしてみてはいかがでしょうか。 そうすれば成功に近づけるかもしれません。 


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

foundplanner

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です