Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/foundplanner/www/foundplanner/wp-content/plugins/wp-markdown/markdownify/markdownify.php on line 299
プロジェクトを成功に導く、目標金額の設定の3つのコツ – クラウドファンディングカンファレンス

プロジェクトを成功に導く、目標金額の設定の3つのコツ

how-to-set-targeted-money

YM Creators Pro 代表の 山本ショウ です。目標金額 の設定は非常に難しいものです。 All or Nothing方式 の場合、目標金額 が高すぎてしまうと、いくら支援が集まっても 支援総額目標金額 に届かず資金調達失敗になってしまいます。 今回は、 プロジェクト を成功させるための 目標金額 についてまとめてみました。


目次

1.目標金額は最低限必要な経費のみにする
2.ストレッチゴールを活用して資金支援を額を増やす
3.謙虚感が出ていて、共感されやすい金額にする。
4.まとめ

1. 目標金額は最低限必要な経費のみにする

目標金額 は低すぎると、すぐに達成してしまい、 支援者見込み に達成しているのでレバ支援しなくていいやと思われてしまうので、低すぎるのもあまり良くありません。バランスのいい金額を必要な経費分から逆算し、 目標金額 を設定しましょう。また、 サクセス した プロジェクト はそれだけで宣伝効果も見込めますので、 プロジェクト が実行でき、なおかつ プロジェクト の宣伝もできるよう確実に達成できるような金額で設定しましょう。

2.ストレッチゴールを活用して資金支援を額を増やす

ストレッチゴール とは、 All or Nothing方式 型の クラウドファンディング資金調達目標額 を達成した後にさらに高い目標金額を設定することで、「次の目標金額まで 志金 が集まったらさらにこういった リターン に追加します。」と 支援者 に魅力的な リターン の追加を約束することでより多くの支援金を集める方法です、この ストレッチゴール を用いて、より多くの資金調達を狙うことができます。使い方次第で大きな金額を調達できるようになるので、 最低限の経費を目下のゴールにして、それ以上の目標を ストレッチゴール で設定することも有効的です。

3.謙虚感が出ていて、共感されやすい金額にする。

資金調達の際に、 プロジェクトオーナー が全く負担をしない プロジェクト は資金調達に失敗する傾向があります。仮説ですが、 プロジェクトオーナー が負担をしない プロジェクト は共感生みづらいのだと思います。 クラウドファンディング はあくまで、「こう言う事をしたいがいくらぐらい不足している。だから皆さんの協力が必要なんです!」といった想いを熱く伝える プロジェクト の方が資金調達に成功する傾向があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 クラウドファンディング は縁もゆかりもない人たちから資金調達を行うので、共感を生みやすい 目標金額 を設定するためにも プロジェクト の経費と自己資金の金額を踏まえてしっかりと必要な金額を計算しましょう。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

foundplanner

Trackbacks & Pings

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です